読書してますか?Kindle Paperwhite買ったら死ぬほど有益だった件【スキマ時間に最適】

こんにちは!時間があるとすぐにスホマをさわっていた、イクメンです。

スキマ時間をどうにか活用できないか、勉強のための読書時間を増やすことはできないかと考えた結果、Kindle Paperwhiteにたどり着きました。

Kindle Paperwhiteを使う前は

読書したいけど手元に本ないしな、

まぁいいやスマホ見よ

といった具合で、読書の時間を作ることが出来ないでいました。

今回は、私のように読書時間がないor作れないという方向けに

Kindle Paperwhiteのメリット』を紹介します。

Kindle Paperwhite買ったら死ぬほど有益だった件

 

かなり大げさなタイトルになっていますが、

Kindle Paperwhiteを購入した一番の理由である読書時間を作るという目的には確実に有益な買い物になっています。

それ以外にもKindle Paperwhite導入したことで得られた思わぬメリットもいくつかあるので合わせて紹介します。

 

Kindle Paperwhiteを購入した理由

1つは、冒頭から説明している通り読書時間を作るという点。

例えば紙媒体の本の場合、読む場所がかなり限定的になります。

  • 風呂で読めない
  • 暗い部屋で読めない
  • 複数の本を持ち運べない

逆に言うとKindle Paperwhiteなら紙の本のデメリットを消すことができます。

詳しくは後述しますがメリット盛沢山です。

その他、購入した理由としては本を読む動機付けですね。

元々、読書を進んでするタイプではなかったのでなかなか読書週間も身につきませんでした。

まぁ良くあるアレです、お金だして買ったので使わないと勿体なくない?的なのです。

あと読んでる本の内容見られたくない時にもオススメです。

紙の本でもブックカバーつければある程度は良いですが読む本全部につけるのも大変ですからね。

何の本かわからなくなってしまいますし。

私は仕事の休憩時間などにも読むのですが、副業の本などを読むことも多いのであまり見られたくはないですからね。

kindleなら画面を直接覗き込まれない限りは大丈夫です。

 

Kindle Paperwhiteを使ってみた感想

最初に触ってみた感触としては正直、動作遅いと思いましたね。

kindleの読書サービス自体はこの専用端末を使わなくてもスホマ・ウェブでも読むことができます。

なのでそれらの端末の性能と比べると若干落ちるのかなと感じました。

ただそれも基本的に読書専用の端末なので一度、本を読み始めてしまえば気になることはほとんどないです。

むしろ余計の機能がついてないので操作自体も簡単です。

これはかなり良かった部分なのですが、Kindle Paperwhiteで読書すると目の疲れがほとんどありません。

Kindle Paperwhiteを導入しようとした理由の一つにはこの目に優しいというのも大きかったです。

直接目を照らさないフロントライト方式になっていて、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくいのが特徴です。

実際、スマホ画面を長時間見ている時よりも目への負担は少なく感じ、以前は疲れ目からくる肩こり、首こりなども多かったですがそれらも軽減されるようになりました。

 

Kindle Paperwhiteのメリット・デメリット

メリットは何といってもどこでも読書ができるですね、

端末も小さくて軽いので持ち運びに不便はないし、長時間手にもっていてもあまり疲れません。

さらに私的にはお風呂で読める事と、暗い部屋の中でも読める事がかなり大きいです。

私にはまだ幼い子供が2人いるのですが、そうするとなかなかゆっくり読書をする時間を確保するのは難しかったりします。

なので1人で入れる時のお風呂で読書ができるのはかなり嬉しいです。

さすがに湯船の中に端末をドボンと入れたりはしてないですが、シャワーの水が多少かかった程度では何の問題もありません。

つい長湯になってしまうというデメリットはありますがかなりリラックスして読書が出来るようになりました。

あとは夜眠るときに子供たちに読み聞かせをしながら寝かしつけをするのですが、その最中は読書用のライトを付けているのですが本を読み終わっらそのライトは消しています。

部屋が明るいと子供たちもなかなか眠りにつけませんからね。

その点、kindleがあるとライトを消した後でもフロントライトの目に優しい光で読書をすることができるので、子供たちの睡眠を邪魔することなくすんでいます。

今まではこういった時間にはスマホを見て特に目的もないままネットサーフィンすることが多かったのですが、kindleを導入してからはこういった時間にも手軽に読書が出来るようになったので、トータルの読書時間はかなり増えましたね。

あとはデメリットと言っても快適に読書をすることを目的に作られている端末なので、致命的なものはほとんどないです。

もうちょっと動作を軽くしてほしいとかそのぐらいです。

充電の持ちも普通のスマホと比べてもかなり長いですし、使用頻度にもよりますが1週間程度なら充電しなくても持ちます。

 

Kindle Paperwhiteの価格はどう?

Kindleにはグレードがいくつかあって、

  • kindle(無印)
  • kindle paperwhite
  • kindle oasis

これらが主な種別になります。

もちろんグレードによって機能や価格面が異なってきます。

各機種ごとの違いはAmazonの販売ページに比較表が載せられているので、そちらを見てもらった方が解りやすいと思うのでここでは実際に私が購入して使用している、機種について紹介します。

kindle paperwhiteの現時点での価格は、13,980円になっています。

ただこれはいわゆる定価のようなもので、Amazonでは頻繁にセールが開催されるのでそれに合わせて購入するのがオススメです。

年に何度かあるセールでその時々によって価格も変わるのですが、その為に何か月も待つというのは少々もったいなく感じるので直近に開催されるセールの時に買ってしまうのがオススメではあります。

参考までにセール時だと下記のような価格設定になったことがあります、

  • Amazon プライムデー ¥13,980 → ¥7,980(6,000円OFF)
  • タイムセール祭り        ¥13,980 → ¥10,980(3,000円OFF)
  • サイバーマンデー   ¥13,980→   ¥7,980(6,000円OFF)

この他にも初売りセールや新生活応援セールなど様々のセールが開催されているので随時Amazon公式ページを見ておくとよいでしょう。

ちなみに本記事を執筆している2020年11月では、27日の金曜日からブラックフライデー&サイバーマンデーセールが開催される予定です。

上記にもあるようにサイバーマンデーではかなり安くなることが期待できるので、購入を考えている方には1番の買い時になる可能性が非常に高いですね。

 

Kindle Paperwhiteはこんな人にオススメしたい

これはもう読書する人には全員にオススメではありますが、とくにスキマ時間を有効に使いたい方や、場所、時間にとらわれず効率的に読書をしたい人には特にオススメです。

私自身、このKindle Paperwhiteを導入してからは読書に対してのいろいろな障壁がグッと下がって気軽に読書を楽しめるようになりました。

気軽に読書をして今よりもっと知見を広げて実生活に良い影響を与えたいと考えている人には最適な1台になると思います。

 

Kindle Paperwhiteの購入はこちら

 

まとめ:Kindle Paperwhiteを使って読書環境を整えよう

Kindle Paperwhiteで読書するようになってから日々の読書時間が確実に増えてきました。

読んでいる本は気軽に読める本もあれば、自分の将来のために自己投資に意味合いで読むこともあります。

読書好きの人にはもちろんオススメですし、読書をすることで自己成長につなげたいと考えている方にもオススメです。

ぜひ一度、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう