【モノレートの代わり】せど楽チェッカーがバージョンアップ【販売履歴の表示方法】

こんにちは、イクメンです。

先日、私が古本せどりに使用している”せど楽チェッカー”のバージョンアップについてお知らせがあったので紹介していきます。

せど楽チェッカーとは株式会社ロボマインドさんが開発している”せどり用の検索ツール”です。

月額3,000円で利用できその他のツールと比較しても割安なため初心者の方にも使いやすい値段設定になっています。

 

せど楽チェッカーがバージョンアップ

バージョンアップの内容について紹介します。

 

✔Amazonでの販売履歴の表示

もともと”せど楽チェッカー”にはAmazonでの販売履歴が表示される機能がついていました。

直近10件の販売履歴が表示されていて様々な内容を読み取ることが出来ます。

・6/22に994円で新品が2冊
・5/26に531円で中古が1冊
・5/07に351円で中古が1冊

こういった感じで販売履歴を読み取ることができます。

今回はこの販売履歴の表示方法が変更になるというバージョンアップでした。

 

✔販売履歴の表示方法の変更

2020/9/9のバージョンアップにより下記方式に変更されました。

変更前→新品と中古が混ざって表示

変更後→新品と中古でそれぞれ10件ずつ表示

少し見づらいですが、前半に中古、後半に新品になっていてそれぞれ別々に表示されていることが解ると思います。

この変更によって、

表示される販売履歴の件数は増えているので情報量としても増えていると思います。

ただ時系列で販売履歴を確認する時には少々見づらいかと、、、

リサーチしていて良くあるのが直近だと新品しか売れてなかったりすることが良くあるのですが、

その点については従来の表示形式の方が確認しやすかったかなと思います。

それでもこのあたりは使っていくうちに慣れてくる範囲かなと。

 

✔販売履歴のデータは蓄積されていく

この販売履歴のデータは株式会社ロボマインドさんのシステムに蓄積さていく仕組みになっています。

なので他のKeepaといったリサーチツールを利用することなく仕入れ判断を完結することが出来ます。

単C(110~210円)メインの仕入れをしているとどうしても多売が必要になってくっるので、

仕入れ判断に時間がかからないというのは大きなメリットになります。

 

せど楽チェッカーのバージョンアップまとめ

新品と中古でそれぞれ10件ずつ表示されることにより、

販売履歴の情報量が増加しました。

”せど楽チェッカー”は1か月無料で使うことが出来るので、

副業や本せどりを始めたい、興味がある人にはおススメです。

私もこのツールを使うようになって仕入れがとてもスムーズにいくようになりました。

”せど楽チェッカー”1か月無料お試しはこちら

それでは以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ikumen

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう