【副業】ゆうメールで発送した商品が行方不明になりました【せどり】

こんにちは、イクメンです。

先日ゆうメールで発送した商品が行方不明になってしまい取引キャンセルする事例が発生しました。

今回はその時の状況を少し振り返ってみます。

 

ゆうメールで不着になった時の対処法

 

ゆうメールはオプションサービスを使わない限り配達証明や特定記録(引き受け)は残らないのですが、郵便物の調査依頼をかけることはできます。

まず郵便局のHPにアクセスします。URLはこちら↓

https://yubin-chousa.jpi.post.japanpost.jp/omoushide/top.do

今回の経緯としては、

①商品発送

②購入者から商品不着の問い合わせ

③郵便局に調査依頼

④調査結果が2週間待ってもこないので取引キャンセルする

⑤商品が実際には購入者の手元に届いていたことが発覚!!

だいぶ端折って書きましたが結論、商品は購入者の元に配達されてました。

購入者の家族が受け取っていてそれを本人が知らされていなかったようです、、、、

Amazonカスタマーに連絡してキャンセルの取り消しをして再度、取引成立となりました。

今回は結果オーライ的な感じになりましたが今後も同様な状況は起こりえるので簡単にまとめてみます。

 

✔調査依頼を掛けてもその確認に4週間以上かかる

途中何度か郵便局に問い合わせをしましたが、最終結論として郵便局から連絡が来たのは1か月後でした。

購入者からも何度か連絡が来ていて2週間が経過したあたりで商品不着の理由でキャンセルせざるを得なくなりました。

この間の郵便局担当者とのやり取りでは一度、紛失した物が発見されるケースは少ないと感じました。

 

✔調査依頼で確認した内容

発送者側への確認

・商品の梱包形態の確認

・宛名ラベルの不具合(剥がれる)などはないか

 

配達側への確認

・配送担当エリアの配達員に聞き取り調査

・周辺地域への誤配がないか聞き取り調査

 

受取人への確認

・訪問しての聞き取り調査

 

上記の項目について調査が行われたようです。

今回の件では、受取人の家に訪問して聞き取り調査をしても受け取ってないと一点張りだったそうです、、、

郵便局の担当者と話した時に言っていましたが、受け取ってても受け取ってないって言われてしまったらそれ以上、追及することは難しいそうです。

 

✔高額の商品にはクリックポストを使う??

対策としてはクリックポストを使うという話を聞きますが、

結局のところこれも基本的にポスト投函なので配達の追跡確認はできても、

受取確認にはならなのいのでそれほど意味があるとは思えないですね。

なのでどうしても確実に購入者に届けたい場合は対面の受取になるサービスで発送するしかありません。

 

✔結論ゆうメールで発送し続けます

今回、実際には商品が配達されていたということもそうですが、

そもそも郵便物が不着になる可能性は限りなく低いです。

郵便局によって差はあるようですが0.001%くらいのようです。

もちろん住所不定とかの理由は別ですが。

なので100%大丈夫という訳ではないですが、

引き続きゆうメールで発送していきます。

何と言っても安いし発送の手間も少ないですからね。

それでは今回は以上となります。

今回もご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう