『セット本せどり』仕入れ管理にはEvernoteを使っています『抜け巻』

こんにちは、イクメンです。

本せどりを開始してからまもなく1年くらいになります。

今回は、セット本せどりをする時に私が使っているツール『Evernote』の紹介をしたいと思います。

”そもそもセット本せどりと抜け巻について簡単に説明しますね”

セット本せどりというのは例えば、スラムダンクなどのコミックを1~31巻まですべて揃えて販売するせどりになります。

流れで説明すると下記です。

  1. 1店舗目で本を仕入れます
  2. 仕入れた本の巻数と金額をメモします
  3. 2店舗目で足りない巻数を仕入れます
  4. 上記を繰り返して全ての巻が揃えば出品することができます。

ここで重要なのは、仕入れ巻数と金額です。

これをメモしておく必要があります。

また3番の『足りない巻数』=『抜け巻』という意味です。

1店舗だけで全ての巻が揃うことが理想ですが、そういう機会は少ないのでセット本せどりをやる上では仕入れた巻数と金額を解りやすく管理しておくのは必須になります。

 

抜け巻の仕入れ管理にはEvernoteを使っています

 

Evernoteの紹介

Evernoteとはウェブサービスの一種でサーバ上にテキスト・画像・PDF などのデジタルデータを保存することができます。

作成したアカウントで紐づけをすればスマホ、パソコン問わず同期することができるので、店舗にいる時はスマホで、自宅にいる時はパソコンでといったような使い分けをすることが出来ます。

私の場合はセット本のメモだけではなく、ブログを書く時の下書きにも使っていてその利用方法は多岐に渡るので使い方次第でかなり便利なサービスです。

とくに画像や動画などの容量の大きなものを頻繁にアップロードしない限りは無料プランで問題なく利用できます。

 

Evernoteでの管理方法

 

Everenoteにアクセスしてログイン登録

”Googleアカウントを利用している方はそれを利用して登録することもできます”

 

抜け巻管理表の作成手順↓

※表作成はスマホアプリでは出来ないのでパソコンで作成してください。

↑新規ノート作成します。


 

↑タイトルに管理したい本のジャンルを記入

↑表作成ボタンから3×6マスの表を作成


 

↑最上段に『タイトル(全〇巻)、抜け巻、仕入れ金額(備考)』

↑2段目以降『タイトル、抜け巻(不足巻)、仕入れ金額(現時点)』

 

”仕入れた商品を追記していけば抜け巻と仕入れ金額の管理が出来ます”


 

Evernoteの便利機能

 

ここでよりEvernoteを使って便利に抜け巻を管理するための機能を紹介します。

検索機能

  1. 左側の検索ボタンをクリック
  2. 検索ワードを入力
  3. 右側に検索結果が表示

この機能はスマホでもパソコンでも可能なので追加で仕入れセット本があればタイトル検索することで簡単に入力画面を呼び出すことが出来ます。


まとめ

この方法で大量になりがちなセット本の抜け巻がしやすくなると思います。

抜け巻の管理に困っているかたは是非試してみてください、無料で使えますしね。

もしこの内容で不明点がありましたらお気軽にご質問ください。

それでは今回は以上になります。

今回もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ikumen

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう