副業時間の作り方、イクメン流を紹介します

イクメン
こんにちは、イクメンです。

副業本せどりを始めて150日が経過しました。

平均月収7万を継続中です。

先日、下記のツイートをしました。

https://twitter.com/ikumen_sedori/statuses/1187360641645867015
本せどりにおいて私よりはるかに知識や経験のある人はたくさんいるわけで、、、。

テクニック論とかを語るよりも、、、。

本業と副業の両立というか、副業の時間をどうやって捻出しているかとかの方が需要がありますかね

副業時間の作り方、イクメン流を紹介します

この記事で紹介するのは下記の3つです。

  • 副業を趣味として捉える
  • スキマ時間の有効利用
  • 家族の協力を得る

上記について1つずつ解説します。

1. 副業を趣味として捉える

副業は遊びじゃねぇとか言われるかも知れませんが、本気です。本気で趣味として捉えています。

副業を趣味として捉えると他の趣味を止めてももそれが苦にならないんですよね、私は大のサッカー好きでサッカー関連の趣味にそれこそ毎日2Hくらいは費やしていました。

副業せどりを始めてからはサッカーを観る機会が少なくなりましたが、せどりに夢中になっているお陰で意外と気にならないです。

つまり、

”趣味として捉えられるくらい副業を楽しむ”

まずはこれに尽きると思います。

2. スキマ時間の有効利用

ありきたりな話ではありますがスキマ時間の有効利用は大切です。

スキマ時間を有効利用する為に必要なことは、

”考える時間を限りなく0にします”

例えば会社の休憩時間などはある程度は時間が決まっていますよね、その休憩時間になってから何をしようか考えているようでは遅いという事です。

何か物事を始める前に何をしようかと考えるだけで時間は過ぎてしまいます。

あらかじめリストを作成しスキマ時間になって瞬間に作業に入れるという状態を事前に作ります。

私の場合で言えば、Twitter発信に力を入れているので常にメモアプリでアイデアを拾いつつスキマ時間に文章作成をしています。

Twitterの140文字なら僅かなスキマ時間で作成するのにも適しているのオススメです、思考はアウトプットする事で理解が深まりますよ。

3. 家族の協力を得る

これは誤解されるかもしれませんが家事を家族にやってもらうという事ではなくで、むしろ反対で積極的に家事に参加します。

そうする事で不思議と家族の協力が得られるようになってきます。

例えば、土日に仕入れに行きたい時でも普段から家事を当たり前にこなしていれば、了承してくれる可能性が高いです。

逆に普段から何もしないのに仕入れに行きたいと言っても休みの日くらいは家の事やってよとか子供の面倒みてよといった感じになりますよね。

もちろんこれは私の家庭環境の話で当てはまらない場合もあるとは思いますが、根本的な考え方としては正しいと思います。

”家庭を最優先で考え、家族の協力を得られるようにしましょう”

何の為に副業してまでお金を稼ごうとしているのかを考えた場合、それは家族の幸せのためです。

家族を犠牲にしてまでやる必要なんてないんですよね。

イクメン
どうでしたでしょうか?

方法論というよりも精神論に近い内容ではありますが、わたしはこのような事を考えながら副業に取り組んでいます。

時間は誰しもに平等です、自分が納得できる時間の使い方をしましょう。

それでは今回もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ikumen

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう