【副業】せどりの典型的な失敗パターン3選【イクメン版】

イクメン
こんにちは、イクメンです。

副業で本せどりをメインに平均月収7万を4ヵ月継続中です。

先日、下記のツイートをしました。

中古本せどりの失敗パターン3選 【イクメン版】

・リスト鵜呑み
・ダブり仕入れ
・販売価格設定ミス

まぁ割りとどれもあるあるかな。

結局はケアレスミスなんで気を付けます

このツイートは自分の注意喚起のつもりで行いました、、、。

今回の記事ではこの失敗パターンに対しての自分なりの対策を立てたのでそれと合わせてお伝えします。

中古本せどりの典型的な失敗パターン3選
【あなたは大丈夫?】

この記事で紹介するのは下記の3つです。

1.リスト鵜呑み

2.ダブり仕入れ

3.販売価格設定ミス

この3点について具体的に紹介していきます。

1.リスト鵜呑み

1つ目はリスト鵜呑みです。

リストを使って仕入れを行う際の注意点は下記です。

・市場価格は常に変動しておりリスト作成時と現在とでは同じではない

・プレゼントなどで不特定多数にリストが配布されると値崩れする

・常に最終巻がカカリ巻とは限らない(そこまでの情報は基本的にない)

”リストを持ち店舗で見つけたら買う”

これ危険です。

きちんと自分で現在の市場価値を確認し、さらにセット本であれば全巻揃えれるかどうかを検討してから仕入れをしましょう。

補足:揃えられるかどうかの判断は書籍横断検索システムを使うと良いです。

SSL化されてないようなのでリンク貼りませんので検索してみてください。

長くなるのでここでは紹介のみにしておきます。

2. ダブり仕入れ
https://twitter.com/ikumen_sedori/status/1180024488928276480

上記ツイート通りです。

抜け巻待ちはセット本の宿命でもあるので確実な管理をしたいところです。

ちなみに私は全巻君というツールを使って管理をしています。

非常に優れたツールですのでセット本に興味がある方は、いちど詳細をみてみると良いと思います。↓

全巻君へのリンク

ちなみに全巻君を導入する前はevernoteで管理していました。

抜け巻だけであればまだ良いのですが、

仕入れ金額まで合わせて管理しようと思うと大変でしたね。

 3.販売価格設定ミス  

1,780円を1,080円に打ち間違えて出品した事があります。

即売れでした(笑)

利益が-700ですからね笑っている場合ではありません。

一応、購入者と協議をして同意の上でのキャンセルであれば取引を中止する事も可能です。

ただ一方的な理由によるキャンセルは最悪の事態もあり得ますので得策ではありません。

まぁ2次的な対策を考えても仕方がないので打ち間違えに気を付けて、

出品作業を行いましょう。

イクメン

今回は以上となります、

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ikumen

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう