セット本せどりTips(カカリ巻編)

イクメン
こんにちは。

イクメンです。

今回はセット本せどりでのテクニックの一つであるカカリ巻について解説します。

セット本を効率よくコンプリート(揃える)するには必須のテクニックになりますので是非、参考にして見てください。

この記事を読めば、カカリ巻の重要性について理解できます。

カカリというのはセット本を集める時に最初に仕入れておいた方が良い巻数の事です。

次項にてより詳しく解説していきます。

1. カカリ巻とは 

先ほどもお伝えしましたが、カカリというのはセット本を集める時に最初に仕入れておいた方が良い巻数の事です。

少し言い方を変えると、セット本の中で最も(複数の場合もあり)集めづらい巻数という解釈になります。

要は、一番入手しづらい巻数を先に入手してから残りの巻数を集めましょうという事です。

2. カカリ巻のセオリー  

基本的にはセットコミックの後半巻になるにつれて発行部数そのものが減少していくことが大半です。

発行部数=市場に出回る数

ですので必然的に入手がしづらくなるのは後半巻、特に最終巻ということになります。

3. 特殊なカカリ巻  

セット本なかには最終巻ではない巻数がカカリ巻になっている物もあります。

・後半巻ではないが発行部数が少ない

・シリーズ物の中で人気の高い作品がある(小説系に多い)

この特殊なカカリを把握するのはなかなか大変です、というのもこういったコアな情報はググっても出てきません。

私も実際に集め始めてからカカリ巻の存在に気付くというのは何回かあります、、、。

4. カカリ巻の対策(プロパー、新品で仕入れる)  

単Cにはなくてもプロパーや新品なら手に入りやすいカカリ巻もあります。

私の場合、どうしても@108で揃えれそうにない時はこのやり方を使っています。

セット本の場合は単体の仕入れ価格ではなく、トータルでの価格が重要なので最終的に利益が残る金額であれば積極的に仕入れていった方がよいと思います。

抜け巻待ちで在庫を抱えていても良いことはありませんからね。

イクメン

どうでしたでしょうか?

カカリ巻について理解できましたでしょうか?

疑問、質問等ありましたらお気軽にお問合せ下さい。

また私が推奨しているのはセット本のベースをセール時に安く揃え、カカリ巻をプロパーor新品でというやり方です。

またこのあたりも詳しく解説できたらと思います。

それでは今回もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう