副業に使える時間はどのくらい?

イクメン
こんにちは。

イクメンです。

今日は、副業に使える時間というテーマでお話します。

現在の活動時間を書き出してみるので参考にしてください

1.副業時間=平日1~2H、休日3~4H 

 いきなり結論になってますがこんな感じです

 1週間で15H、1か月で60H

 職場や家庭の環境によって多少の誤差はあるでしょうが、

 フルタイムの本業をしている方であれば、

 おおよそこのぐらいの時間になるのではないでしょうか?

 私はこれぐらいの時間で月収5~6万くらいを達成しています。

2.家庭環境とタイムスケジュール 

 ここは、みなさんも興味がないと思うのでさらっと書いておきます

 【家庭環境】

 ・夫婦共働き

 ・子ども(小学生 1人 未就学児 1人)

 【タイムスケジュール】

 ・5時起床

 ・6時(本業開始)

 ・16時 (本業終了)

 ・17時 (子ども2人を連れて帰宅)

 ・21時 (子どもたち就寝)※ここからが勝負の時間

 ・23時就寝

 だいたいこれで1.5~2Hくらいの副業時間を確保しています

3.事前計画の重要性 
イクメン
私の場合、店舗での滞在時間は1日45分程度でした。

45分で如何に結果(仕入れ)がだせるかを常に考えていました。

・どのジャンルをリサーチするか

  ひとくちに古本といってもそのジャンルは多岐に渡ります

・トレンド(話題)情報のリサーチ

  アニメ化、映画化などは人気が出ます

・人気コミックのリサーチ

  話題作、人気作は高値なことが多いです

補足

店舗での滞在時間をフル活用できるように事前計画をたてましょう

3.時間は有限 

 あたりまえのことですが時間は等しく有限です

 副業時間を増やせない以上は、

 時間効率を高めるほか手段はないです

 (環境を変えない限りですが)

 店舗に滞在している時間だけが全てではなく、

 少しの時間でもリサーチはできるので、

 スキマ時間も有効に活用しましょう

みなさんも一度、副業に充てられる時間がどのくらい

あるのか計算してみましょう

イクメン
副業にあてられる時間はどのくらいだったでしょうか?

ここでは平日の話をしていますが、

当然、仕入れは土日を使うという事も可能でしょう。

まずは店舗仕入れに行ける時間が確保できるのか?

これを先に確認してみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ikumen

2019年5月から 本業だけでは将来の不安が拭えないため副業として本せどり(独学)を開始→ 開始45日で月収4万3千を達成→ 2ヶ月目には6万に到達→ 年内中に10万を目指します→ 大切な家族を幸せにするため活動中です→ このブログでは日々の活動内容を発信します→ せどりに興味がある方、一緒に成長して行きましょう